白髪染めをすると薄毛になることがあるって本当?

カラーが選べる白髪染めが人気では、何種類もの白髪染めがある中からどれを決めたらいいのかお悩みのご利用者様に役に立つチョイス方法のポイントをご案内しているというわけです。あなた自身に適切な白髪染めが誰でも見つけられるようになります。 - 白髪染めをすると薄毛になることがあるって本当?

白髪染めをすると薄毛になることがあるって本当?

白髪染めが薄毛を加速させる?

市販の白髪染めにはさまざまな化学薬品が配合されています。その中でもキューティクルを剥がして毛の内部に染毛させる仕組みをもつジアミンは頭皮に大変な負担をかける薬品であると言われています。そんな市販の白髪染めを使用すると薄毛の原因となってしまうのでしょうか。

薬品によるアレルギー反応が原因

市販の白髪染めにはジアミン以外にもさまざまな化学薬品が配合されています。そのどの薬品に反応してしまうかは個人差があることですが、薬品と頭皮が接触を来り返すことによって頭皮がダメージを受け、毛周期やサイクルを狂わせてしまうことは十分に考えられます。それだけでなく、頭皮自体もかぶれやただれなどの皮膚疾患の症状が現れる場合があり、継続して白髪染めを行うことは危険を伴う行為であると言えます。頭皮が薬品によってダメージを受けたことで、毛周期が狂ったり、抜け毛を加速させて、結果として薄毛を招いてしまうことになるのです。このようなことを防ぐためにも、なるべく自然素材の白髪染めを使用したり、十分に間隔を開けて正しく使用することが大切です。すぐに白髪が目立ってきてしまうからと市販の白髪染めを短期間の間に繰り返し使用することは大変危険なことです。

頭皮にダメージを与える恐れのある薬品は避ける

市販の白髪染めには頭皮にダメージを与える恐れのあるジアミンという薬品が配合されているものがほとんどですが、当否のトラブルやアレルギーを避けるためにも、そのような薬品の配合されているものを避けることが必要です。

白髪染め カラー 人気 TOPへ