白髪染めとヘアマニキュアの大きな違いとその効果

カラーが選べる白髪染めが人気では、何種類もの白髪染めがある中からどれを決めたらいいのかお悩みのご利用者様に役に立つチョイス方法のポイントをご案内しているというわけです。あなた自身に適切な白髪染めが誰でも見つけられるようになります。 - 白髪染めとヘアマニキュアの大きな違いとその効果

白髪染めとヘアマニキュアの大きな違いとその効果

白髪を染めるのに白髪染めを使うか、ヘアマニキュアを使うかは、美容室でヘアスタイリストに相談しない限り、一般には何が違うのかわからない方も多いのではないでしょうか?今回は、その二つの薬剤の違いについてお伝えします。

白髪染めとヘアマニキュア、どう違うの?

まず、白髪染めとヘアマニキュアの大きな違いは、その薬剤の毛髪への作用です。白髪染めは、染料が髪の毛の中の部分に浸透し、毛髪の色を染めます。一方、ヘアマニキュアは、染料が髪の毛の表面をコーティングする様に付着し、毛髪の色を染めます。
そのため、中から染める白髪染めは、当然その効果が長期的に持続しますが、ヘアマニキュアはシャンプーをする度に少しずつ落ちていき、持続期間は洗髪の頻度にもよりますが、約1ヶ月くらいです。
では、白髪染めの方がヘアマニキュアより良いかと言うと、髪の毛や頭皮への負担を考えるとそうとも言えません。白髪染めは髪の毛の中の成分にまで作用するので、繰り返し行うことで髪を傷めてしまいます。逆にヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングする事で毛の櫛通りを良くし、ツヤ感もでます。
ですから、白髪染めとヘアマニキュアのどちらが良いのかは、人それぞれ求める効果によって違います。

白髪染めとヘアマニキュア、自分の髪に合うカラー法で楽しもう!
さて、白髪染めとヘアマニキュア、二つの薬剤の効果の違いをしっかり理解していただけましたか?メリットとデメリットも含め、自分の髪の毛に合う方でヘアカラーを楽しみましょう!

白髪染め カラー 人気 TOPへ